未分類

格安simから格安simに変更|mineo(マイネオ)にした感想

こんにちはユナイです。

私のスマホについてなんですが、大手キャリアから格安simに切り替えて3年程経ちました。フリーテルを使っているのですが、楽天モバイルに吸収されてから、現フリーテルの契約から楽天モバイルの契約へ変更を推奨されています。

フリーテルの契約のまま使用出来ていましたので、楽天モバイルになってからも気にせず使っていました。ですが、2018年11月より以下のサービス内容の変更が実施されたことにより、このままフリーテルを使い続けるより他の格安simにしようと思い今回マイネオに変更しました。

なぜ今の格安simではダメになったのか

フリーテルのサービス内容の変更は、「メッセンジャーアプリ(LINE、WhatsApp、WeChat) データ通信料0円サービス」の提供を終了です。

LINEアプリ、Twitter、Facebook、Instagram、AppStoreについて通信料が発生するということです。今まではフリーテルは上記データ通信0円サービスという魅力的なサービスがありました。

その代わり従量課金のデータ容量を10%増量するというサービスが新しく始まりました。定額プランの場合は毎月のデータ容量の30%分を無料で付与です。

私は従量課金契約でしたので、使ったら使っただけ料金が発生するプランです。ですが、ほぼ毎月3GB以内で収まっていました。料金は音声通話付きで3GBまでは月1,600円です。

内容が変更されて3ヶ月後くらいで、月3GB内に収めることが難しくなってきました。

1日に使用する通信料が明らかに増えていました。最初は気づかなかったのですが、これがTwitter、Facebook、Instagram等を使っている分だったんですね。

いままで上記アプリは通信料0円でしたので、どのくらい通信料かかっているか分からなかったのですがこれで理解できました。

新しい格安simはどこを選ぶか

格安simから格安simへの変更ですので、大手キャリアからの変更程メリットはありません。回線速度、料金が現状維持できれば良いを条件に探しました。

いろいろ検索してみましたが、3GBで1,600円は各社だいたい同じ料金で設定されています。

次に回線速度ですが、検証されておられる方々を参考にさせて頂きましたが、機種や場所など条件が一致しないのであくまで参考とさせて頂きました。

今までフリーテルを使用していましたが、回線速度の検証を検索するとかなり悪い結果ばかりでした。ですが大阪市内で私が使用する範囲のTwitterやweb閲覧程度は特に遅く感じることもなく不満はありませんでした。

使用する大手キャリアの回線だけ同じ(ドコモ)にして後は好みで考えて、マイネオに決めました。

以前のブログでも書いてましたが、義父のスマホをマイネオに切り替えた際に、マイネオの良さを認識していたからです。

マイネオを選んだ理由

①マイネオの契約事務手数料を無料にできる。

自宅のインターネット回線をケイオプティコムのeo光にしていますので、eoチケットを使い契約事務手数料を無料にできました。

②キャンペーンでお得(契約時のキャンペーン)

月額基本料金が3ヶ月500円無料

mineoでんわ 10分かけ放題、月額850円が最大2ヶ月無料(新規契約の場合)

③複数回線割引が適用される

私の場合は妻の回線も同時に契約していますので2回戦契約をします。

この場合複数回線割引が適用されて、1回線ごとに50円割引きされます。

3GB契約ですので、1,600円→1,550円になります。

他にも家族回線割引など同様の割引が受けられるサービスがあります。

④パケットのサービスが豊富
・翌月データ繰り越し 余ったデータ容量は翌月に繰り越せる
・パケットシェア マイネオユーザー間でデータ容量をシェアできるサービス(最大10回線まで)
・パケットギフト 他のマイネオユーザーにデータ容量をプレゼントできるサービス
・フリータンク パケット貯蔵庫に余ったデータ容量を寄付したり、足りないときに借りたりして助け合えるサービス※マイネ王への登録とeoID連携が必要

・翌月データ繰り越しは余ったデータ容量を翌月に繰り越すことが出来ます。繰り越したデータ容量の有効期限は翌月までです。

フリーテルのプランでは翌月繰り越しが出来ないプランでしたので魅力的です。

・パケットシェアは繰り越したデータ容量を翌月にメンバーで共有できるサービスです。メンバーは事前に登録する必要があります。

メンバー全員分の前月から繰り越したデータ容量が、メンバーそれぞれの基本容量よりも優先して、自動的にパケット消費されるようになります。

・パケットギフトは自身の余ったパケット(データ容量)をマイネオユーザー間で誰とでも分け合えるサービスです。パケットをプレゼントすることで、無駄なくパケットを使うことができます。

・フリータンクはマイネオユーザー全員のパケット全体を大きなタンクのようなものと捉えて、ユーザーみんなで自由にパケットをシェアできるようにしたサービスです。

自分が余っているときはタンクに貯めてみんなで使える用にできます。また、自分が足りない場合は1ヶ月に1,000MBまで引き出せることができます。貯めなくて、毎回引き出してもらうだけも可能です。

複数回線の妻分とシェアすることができ、マイネオを使っている方なら誰でもギフトすることが出来ますので、先日マイネオにした義父ともギフトすることができます。

さらに今回は、義母も一緒にマイネオにするので、家族4人でパケットをギフトすることができます。

⑤使用量が基本データ容量を超えても大丈夫

速度制限時でも200Kbpsですので、LINE、Twitter、メールなどは特に気にせず使えました。Webの閲覧は遅いですが少しみるくらいなら問題なく見れるレベルと思います。

月のデータ容量を超えていない時でも、アプリやマイページからボタンひとつで通信制限のON・OFFを切り替えることが出来ますので、使い分けて月末や翌月に容量を確保することができます。

メリット・デメリット

デメリット

・通信速度が速い方ではない

・カウントフリーがない

通信速度については、動画を見たりはしないので通常使う分には不便は感じません。

メリット

・パケットサービスが豊富

翌月データ繰り越し、パケットシェア、パケットギフト、フリータンクと充分なサービスがあります。ですのでカウントフリーがないことも問題ないと思います。

・店舗がある

数が少ないですが大阪で13店、全国では200店舗以上あります。こまった時に店舗で直接相談ができるのはなにより安心です。

私の場合は格安simから格安simで同じドコモ回線ですのでデメリットは全くありません。上記のサービスが豊富でメリットしか感じていません。

以上、今回格安simから格安simへの変更でした。各社年々サービスも変わっていきますしどこの回線がいいかなど、2年毎くらいで見直してみて良いところがあればキャンペーン時にMNPで切替していった方がいいと思いました。